ソーシャルメディアポリシー
(ソーシャルメディア活用に関する指針)

ドライブコンシェル加盟会社およびそのグループ会社(以下、「ドライブコンシェル」といいます)では、昨今のソーシャルメディアの普及にともない、従業員がソーシャルメディアを積極的に活用することを推奨しております。
従業員は、本指針を理解し遵守することを求められており、ドライブコンシェル及びドライブコンシェルの業務に従事する関係各社は、自社の社員が本指針を遵守することについて責任を負います。
また、本指針に記載されている「ドライブコンシェル公認アカウント」以外でのソーシャルメディア内での従業者による発言は、必ずしもドライブコンシェルの見解を表明しているものではありませんので、予めご了承ください。


ドライブコンシェルにおけるソーシャルメディアの定義

ドライブコンシェルでは、インターネット上のサービス利用者間で双方向のコミュニケーションを可能とするものをソーシャルメディアであると定義しており、LINE、Twitter、Facebookをはじめ、各種チャットツール、電子メールもこれに該当すると考えております。


基本ポリシー

ドライブコンシェルのソーシャルメディアを運営する従業員は、ソーシャルメディアに参加するにあたり、社会人として常に自らを律し、良識あるコミュニケーションの実現を目指します。
また、数多くの情報が氾濫する昨今において、ソーシャルメディアにコネクトいただいた皆さま(フォロワー、お友達など)に対し、広告、宣伝、メールマガジン等の内容を送信する行為が迷惑となったり、正確な情報伝達の妨げになる現状を認識しており、ドライブコンシェルではこれらの行為を行いません。
ドライブコンシェルからお客様のソーシャルメディアアカウントや電子メールへの情報の発信は、サービスや役務の提供に必要なものに限って行います。


メディア特性の理解と心構え

ソーシャルメディアで発信した情報は不特定多数の皆さまがアクセスできること、一度発信した情報は完全には削除できないことを理解します。
傾聴の姿勢を忘れず、ドライブコンシェルを代表して情報を発信することの自覚と責任を持った行動を心がけます。


ドライブコンシェルソーシャルメディアをご利用の皆さまへ

ドライブコンシェルのソーシャルメディアから発信する情報には細心の注意を払っておりますが、公式な発表・見解に関しては、ドライブコンシェルホームページをご確認ください。


ドライブコンシェル公認アカウント

Twitter(driveconcier_fc)
Facebook(driveconcier)
Instagram(driveconcier)
LINE(各エリアオフィス運営会社のLINE/LINE@アカウントを含みます)