サービスコンセプト

サービスの本質とは、対価をいただいて役務をご提供することです。

そしてそれは、すべてのお客様に対して平等になされるべきです。

私たちは、お客様と対等で良好な信頼関係の構築に努めます。

ドライブコンシェルは日本の美しい伝統や文化を重んじながらも、今の世代にふさわしい『ホスピタリティ』の実現を目指しています。
その語源にもあるように、究極のホスピタリティとは ”おもてなしの心をもって客人を守る” こと。
表面的な愛想笑いなどではなく、お客様と、私たちと、対等に信頼しあえる関係を築くことが、何よりも大切だと考えています。

あえてお伝えしたいこと


「お客様は神様」と昔の人は言いました。それは、とても大切な考え方であると思います。
しかし誤解を恐れずに言えば、宗教がそれぞれあるように、私たちサービス提供側にも「神様を選ぶ自由」があるはずです。

数年前、悲しい出来事が起こりました。
些細な勘違いをされたお客様がいらっしゃいましたが、一言ご説明申し上げれば大抵「ああ、そうだったのか」くらいに終わるはずの話でした。
けれども残念なことに、お迎え先のホテルのロビーに響き渡るお客様の怒号や中傷的なお言葉、それが数時間も続きます。
私たちの説明に至らない点があったものと一所懸命にお詫びし、責任者からも丁寧にご説明を尽くし、出来うる限り精一杯のご提案を行いましたが、最初の勘違いはきっかけに過ぎず、最終的にその方が求めておられたものは ”誠意と言う名の金品” でした。
ホテルの皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいました。その日ご予約いただいていた一部のお客様にも、スケジュールの変更やキャンセルをお願いすることになりました。
この出来事が起こるまでは、どのような方であってもお客様とのすべての出会いは大切であると考え、いかなる状況でも誠意を尽くしてまいりましたが、結果的に無関係なお客様を巻き込んでしまう本末転倒な事態となり、私たちは ”お客様” と言う存在について深く考えるようになりました。

ときに厳しいご意見やお叱りをいただいたとき、それを真面目にきちんと受け止めることは当然であると思いますし、もちろん私たちに非があれば心を尽くしてご対応させていただくつもりです。
しかし一方で「誠意」と言う二文字はしばしば本来の意味を見失い、善良な判断を失わせる方向へとエスカレートしていきます。
『出来うる限りのご対応をさせていただいたにも関わらず、ご理解いただけないお客様をお守りすることはできない。』
何度も話し合いを重ね、私たちは結論に至りました。

お客様とサービス提供者と言う立場や関係性の前に、お客様も私たちも心の通った生身の人間です。
まさに人と人との関わりであり、お互いに言うべきことを言える信頼関係がなければ、そこに安心など生まれるはずがありません。
このような事をお客様にお伝えすると嫌われるのかも知れません。 でも、本当はきちんとお伝えしなくてはならないはずです。

私たちは、お客様の大切な財産である自動車をお預かりすると言う、大きな責任を伴う仕事をしています。
自動車には、お客様それぞれのこだわりや思い出がきっと、たくさん詰まっているんだろうなと、いつも考えながら仕事をしています。
お客様に信頼していただけるよう努力を続けることはもちろんですが、私たちもお客様のことを信頼することができなければ、大切な自動車をお預かりすることなどできません。

お客様との出会いは、私たちにかけがえのない経験を与えてくれます。そして、そこからたくさんの勇気と心強さをいただいてきました。
感謝の想いを胸に、これから先も責任と誇りをもって、お客様に「よかった」と安心していただけるコンシェルジュであるよう、日々努めてまいります。

セールスの考え方

お客様にとって必要なものだけ
ご提案いたします。
利益を求めるがあまり
不必要なものを販売するようなことは
いたしません。

価格についての考え方

サービスを合理的にお求めいただけるよう
価格のつけ方をみなおしました。
選択制オプション「One on One」により
必要なものだけお選びいただけます。
私たちは、サービスの品質を落としてまで
格安を競うような行為はいたしません。

12年24万kmへの道のり

私たちが管理させていただく自動車は
「12年24万kmまで大きなトラブルなく走れること」
を目指して、使用状況にあわせて
メンテナンス計画を策定します。

次の場合はお取引をお断りします

1.反社会的勢力およびその関係者であると疑われる

2.犯罪行為に関係する利用であると疑われる

3.サービス役務のために必要な情報を円滑にご提供いただけない

4.高圧的・威圧的な態度、支配的な口調をされた(暴力行為やそれを匂わせる言動があった場合は警察へ通報します)

5.直接関わりのないクレームや言いがかり、社会通念上の限度を超えた要求があった

6.ご自分の不注意や過失による責任を他人に転嫁された

7.約款・規約・注意事項等の明示している内容をお読みいただけない

8.不特定多数による市民運動などと称する政治的活動に参加されている

9.日本語での円滑なコミュニケーションが困難で取引に重大な支障を来す(日本語通訳、日本人代理人がいらっしゃる場合を除く)

10.ドライブコンシェルがお取引できないと総合的に判断した